エチオピア イルガチャフィ G1 ナチュラル(浅煎り)

エチオピア イルガチャフィ G1 ナチュラル
抽出直後から漂うワインを思わせる芳醇な香りと甘味を存分に楽しめ、柑橘系の酸味もしっかり感じられます。青リンゴのような爽やかなフレーバーもあります。
果肉を付けたまま天日乾燥するナチュラル特有の香りは味噌と例えられることも。
初めて飲んだ時に「これがコーヒー? 紅茶みたい〜」と思うほどの衝撃がありました。
一度はお試しいただきたいコーヒーです。

生産地:エチオピア地域南部諸民族州ゲデオゾーン、ウェレダ(イルガチャフィ南部)、ケベレ
生産地標高:1,700~1,800m
品種:ティピカ、ブルボン
精製方法:ナチュラル(アフリカンベッドで15~20日間天日乾燥)
収穫時期:12~3月
クロップ:13/14

2015-03-22 | Posted in Coffee, エチオピアComments Closed 

関連記事